収益物件で賢く収益UP【リスクを考える不動産投資】

お金

信用力を付けよう

紙で作ったビル

ローンを組もう

中古ワンルームマンション等の収益物件で不動産投資をするメリットは長期間にわたる借入ができることです。究極的にはフルローンを組むことができれば、手元資金を持ち出すことなく、資産を殖やしていくことができます。ローンを組むということは他人のお金で自分のための運用をするということになります。当然、ローンを組んだことによるリスクは負うことになりますが、収入が安定する収益物件を手にすることができれば、ローンリスクはないに等しくなります。最初からフルローンを組むことができるケースは少ないですが、収益物件の保有件数が増えてきた場合には、金融機関も積極的にフルローンを組んでくれるようになってきますので、まずはフルローンが組める信用力を身に付けましょう。

リスクは小さくなります

ただ、ここで注意するべきことは2戸目の収益物件以降、フルローンを組むということでも、資産全体から見ればローン割合は100%にはならないということです。ローンを組んで収益物件を購入し、完済したら新しい収益物件を購入するということをしているケースにおいては、保有する収益物件が増えていけば増えていくほど、新たにフルローンを組んでも資産に対するローン割合は下がっていきます。つまり、ローンを組んで行う不動産投資は保有する収益物件数が増えれば増えるほど、ローンリスクが小さくなっていくのです。ローンリスクが小さくなるということは、逆にその分、リスクを取れるということです。ある時期になったら複数物件を同時に購入していくことも考えましょう。運用効率が飛躍的に上がります。

リスク管理も大事な時代

マンション

煩雑なマンションの管理業務については、管理会社に全て任せるのが最近のマンション経営の潮流です。今後も管理会社の役割が増すと考えられます。マンション経営では失敗原因として多いのが立地に関する事なので、注意が必要です。

老後資金を作ろう

手の上の家

老後資金を作りたいと考えているサラリーマンの方には、不動産経営がおすすめです。株式投資とは違いハイリスクではなく、債券投資とは違いローリターンではありません。また、ローンを借りやすい、多大な時間や労力が不要であることも、サラリーマンの方に不動産経営をおすすめする理由です。

収益性に優れ節税効果も

お金と家

不動産投資の中でも、賃貸経営は他には無い特徴も備えています。インカムゲインを重視した投資であること、レバレッジ可能な投資である点、ミドルリスク・ミドルリターンな点です。また賃貸経営は相続・贈与税対策にもなるため、工夫次第で納税額を現金資産より大きく減らせます。